カテゴリ

2008年04月29日

更新など!

HP更新しました。
http://www.dj-nami.com/

あと、この前のアニバーサリーの写真一部アップしました。
スライドで見れます。
http://www.flickr.com/photos/23366012@N08/2450802205/in/set-72157604792714141/

パーティレポはまた後日〜。。
posted by DJ N.A.M.I. at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Photo

2008年04月22日

今週のPHUNK!!!は2周年パーリーということで!

はい今週のPHUNK!!!は2nd Anniversaryなんです!!!

早いものでもう2年とは!
ColorsでアフターアワーズPHUNK!!! を始めたのが、2年前の4月でした。

その前に今のamate-luxiの前身だったSimoon で1月2月とアフターアワーズをやっていて、Simoonが閉店したのでColorsで4月にアフターをやる事にしたのでした。
Simoon でやってた時は、幅広めのhard technoで自分は4時間playしていた。
当時、私はあるラウンジで、ハウスとかハードすぎない音で毎週5〜6時間play していた。
当時自分はまだ、dj経験が浅いので(今もですが)、それを補うためにも機会があればlong playをしていたし、自分にとってはそれが当たり前という感じでした。だから、自分のやるアフターでは、hard technoのみで4時間やってた。
当時はdjをやり始めで、沢山play したい、というモチベーションが高く、長時間回すのは全然平気だった。
その頃のplay を聴いた子が、他のパーティに遊びに来てくれて、後々知り合ったり、遊んだりなんてことあった。

最近は自分の音の好みから使う音の範囲がある程度狭められているせいか、2時間のセットを組むのも自分にとってはそう簡単ではないです。
自分がこれでいいと思える流れを作るのに結構試行錯誤します。
まぁこれが自分のやりかたです。。

さて、今週のPHUNK!!!
ゲストDJ は日本のハードテクノ界代表Q'HEYさんです!代表!
これで音は安心だ。
私が飛ばしぎみ歪んだ音満載でやってもQ'HEYさんがちゃんと締めてくださるでしょう。(他力本願。。)。

そして、いろいろ盛り込みました!
B1の使えるスペースは全部使うって感じです。ライブペインティング、デコ、映像、お花。
B2にはまたパフォーマンス(ダンス)が途中で乱入しますが、、、、暖かく見守ってあげてください。

今回、アニバーサリーということで、フラワーアレンジメントカンパニーの「花太郎」にフラワーアートをお願いしました。
先代の花太郎、の花との出会いは、私がまだ田舎に居た頃、書店で手に取った本でした。
数あるフラワーアレンジメントの本の中で、この人の表現に特別なものを感じて購入したのでした。

今はお弟子さんが「花太郎」を継がれ、地道に活動されています。引き続き真摯に花に向かわれているという印象をうけます。
私にとって「花太郎」に花を生けていただく事は光栄なことなのです。

私は、音もだけど、花、もやばいです。別のところへ連れて行かれます。
田舎に居た時は、イングリッシュローズやクラシックローズを85種類、庭に作ってた。
はまってました。
ガーデニングじゃなくて、自分のやってるのは、バラのために木を移動したり、大きな穴を掘ったり、造園、でした。
田舎に帰って東京で体験したクラブの音を封印していたので、出し場のないエネルギーがたまってたのかも知れない。
でもその頃、花と出会ったのは良かった。新しい体験ができたから。
5月6月ごろ、庭で摘んだイングリッシュローズを沢山生けて顔を埋め深呼吸し、トリップしたものでした。。どんな体験なの。。?

話が横道にそれました。。。
アニバーサリーってことで思い出話に。。

さて、今週は、イングリッシュガーデンから遠く隔たった、渋谷のモグラの巣みたいな地下のクラブModuleでPHUNK!!!なわけです。
先着50名様、テキーラサービス!
。。。自分が飲まないようにしよう、、あ、飲みそう、、少しだけにしよう。。。新年度の掟だ!
テキーラって、あのキンキンに冷えたボトルに氷水の氷が張り付くのが、いつ見ても笑える。
バーではなく、テーブルを出してスタッフがテキーラを出すので、ああいう事になるんだね。何度見てもおかしい。

いろいろと楽しそうなので、是非、遊びに来てくださいね!
私は幅広めのシュランツかけます。bpmは150くらい。慣れると平気。タテノリでよろしくです。


お得なディスカウントリストを用意しています。
名前と人数を記入するだけでリストアップできます。
下記からお気軽にどうぞ〜!!!
http://phunk.seesaa.net/category/4547283-1.html

では、今週末も楽しみましょう!!!


そうそう、今回のフライヤーは写真のsns、Flickrで見つけて気に入っているphotographerの写真を許可を貰って使わせていただきました。謝謝。

4phunkomote.jpg

Photo by Raja Daja(Roger Keagle) 'Red red red 3' with permission



4phunkdajaraja420.jpg
posted by DJ N.A.M.I. at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | PHUNK!!!, DJing, photo, music.

2008年04月20日

プラダ!

最近毎日プラだ!と叫んでいる。
ブランドのプラダじゃないです。

新年度になり、「平成20年4月からの新しいごみの分け方・出し方」が配布され、その分類の細かさにちょっとくらっとしつつも、気をとりなおして「分け方、出し方」を見て、紙パックをすすぎ切ってみると、やはり面倒くさく、・・・!主婦の方はこういうのまめにやってるのね、しかもまだ濡れてるんだけどどこに置けばいいわけ!?っとちょっといらっとしたが、、それがゴミではなく、資源なのかと思うに至り、それならば古紙として資源回収の日に出すことにし、今は紙パックはゴミ箱に捨てずに分類している。紙製品については、なんとほぼ全ての紙が、古紙として資源なのだとも知る。チョコレートのケースすら!紙のリサイクルマークがある。
これを出すのに縛るひもがいる。ひもじゃなきゃだめなの!?とちょっと異論を唱えたいところだが、買いに行く所存でいる。

この「新しいごみの分け方・出し方」マニュアルの中で私が目を見張ったのは、資源 週1回回収のプラスチック製容器包装の項目である。
ほとんど全てのプラスチックが資源ではないか。。。
トレイを始めとして、お菓子の袋まで。。。これは不燃ゴミじゃないの?と思ってましたが。。
犬のご飯を作りつつ、肉のトレイの裏をみると、矢印マークに囲まれて「プラ」と書いてある。どれもこれも「プラ」と書いてある。おぉ「プラ」と思う。
それ以降プラスチックやナイロンのゴミが出そうになると見てみると、たいてい「プラ」と書いてある。
プリンの容器も「プラ」だ。豆腐のパックも「プラ」だ。ころころカーペットのスペアテープの包装袋も「プラ」だ!
毎日、捨てる前に、もしやこれは?と見るとコーヒーの袋も、納豆の外側のナイロンも、野菜の入っている袋すらも「プラ」だ!!!
そんな訳で、毎日、あれもこれも捨てる前に見て「プラ」だ!と叫び、資源用に分類している。
こんなにも「プラ」がリサイクルだったなんて!!
インスタントスープなど、外箱は「紙」リサイクル、ちっちゃい袋が「プラ」だ!よ。
この細かさ、いえ全然okです。ゴミが出ないわけだから。
余すところ無く資源にしようというところに、人類の進化を感じる。
環境問題は大きいけれど、社会は取り組んでいることをやっと感じました。世情に疎すぎますが。。
週4日の回収日の内、前は1日だけだったのが2日が資源の日になっている。
進歩している!

ゴミと思っていたものが資源として利用できるわけで、なおかつゴミが減る。
慣れれば平気。環境問題解決にちょっと参加してる感じがします。
新年度からリサイクルしてます。リサイクルしましょう〜〜
タグ:リサイクル
posted by DJ N.A.M.I. at 04:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Thinking,etc.

2008年04月17日

先週土曜の渚、クルークルーと中原昌也

先週は、私、渚には土曜に行きました。太陽のブースのKRUUCREWと中原昌也を見に行きました。
いやー楽しかった。ノイズを発散して叫んでおられた。
Kruucrewの、8ビートでも16ビートでも4つ打ちでもない、ビートも良かった。

ノイズミュージックは楽器ではない音を使い、音楽というカテゴリーを逸脱する。
KRUUCREWは、バンドでドラム、ベース、ギター、サックスがいて、ビートを刻むので、かろうじて音楽であり続け、しかも踊れる。
彼らが、自分にはできない逸脱行為をやっているという事、日常からかなり離れた音響を発しているという事、にオーディエンスは引きつけられるのではないだろうか?
私はそうです。
好き放題やっている姿は見ていて、ちょっと羨ましいし、自分にできない事をやってくれてるというのが小気味いいというか、すがすがしいというか、ちょっと嬉しいというか、そんな感じでかじりついて見てしまいます。
好き放題やるというのは、もちろん音楽、ライブ、アーティスティックな表現、という良識の範囲でやるということです。

大きな音を発する、叫ぶ、等の行為の中には、何か、人間の本能的な快があるような気がする。
社会性をまだインプットされていない子供の遊びのような、利害や結果を考えない「遊び」の行為、という感じがする。
だからそんな事を堂々とやれている人を、見ていて少し羨ましいと思うのかもしれない。

中原さんが発している様なノイズについては、マイクロオフィスで灰野敬二を聴いた時もそうだったけど、ノイズの爆音というのは、一気に人をあるテンションに持っていき、思考停止の状態に居続けさせるのです。
それは音楽とも言えず、何かのカテゴリーに入れられる音でもなく、それを何と認識できないまま、人はテンションの高い爆音の中に放り込まれ、私などは、・・あれ、やばいきもちいい、とか思ってしまう訳です。おそらく脳の中に何か化学反応が起きているはず。
日常的に聴く音楽や、ダンスミュージックとは違う領域に、スパン、と飛んでしまうわけで、それが楽しいのです。

去年、一昨年、シュランツを沢山買ってしまったのも、ダンスミュージックの中で、このカテゴライズできないノイズでできたビートに魅力を感じてしまったからなのだけど、、、それにしても、半分以上のものが使う機会が無い。ノイズ過ぎて。(通常のクラブパーティでは)。音が、カテゴリーがお客さんを選びます。
そういう音楽を興味を持って聴く人の絶対数は少ないかもしれない。でもそのような音楽がある事は重要なことだ。そうでなければダンスミュージックもマンネリの繰り返しになってしまう。
そして、シュランツを作っているアーティストも次へ次へと展開していくのです。

さて、話を、渚のアバンギャルドなライブに戻すと、、
それは、おもしろかった。
そして、こんなことが渚でされる事に新鮮さを感じた。
しかも、このライブを入れる事によって次のセッティングに換えるのにステージに空白の時間ができてしまうにも関わらず、こんなとんでもないライブを入れる、渚の懐に広さに、日本のダンスミュージックカルチャーの未来にちょっと光明を見た気がしました。
このとんでもないライブでお客さんは大丈夫なのか、と思いきや、彼らを好きなオーディエンスが前の方に押し寄せており、また、ぐるぐるになって踊ってる人もいて、それがしかもすんごい楽しそうで(笑)、ライブが終わってから、私、後ろを振り返って見ると、沢山の人が居てちょっと驚きだった。
きっと、最初は物珍しさ、怖いもの見たさやってきて、で、あの迫力に引き込まれて最後まで見ちゃった、で終わっても、もうちょっとやってくれてもいいんだけど、という感じで、沢山の人が居たのでした。
KRUUCREW、そして中原昌也、屋内で暗いライブハウスなんかでまた是非聴きたいです。


土曜日、、後はまた記憶が飛んでほとんど覚えてないです。新年度の誓いはどこに。。。
かなり酔うと私、単独行動に移る傾向があり、電車を間違えながら一人で帰路についており、途中一緒に遊んでた友人から気遣いあるメールなどあった。ありがとう。
お酒ほんと気をつけないといかんいかん。。
posted by DJ N.A.M.I. at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Party repo.

2008年04月13日

カウンターは。。。

設置するのやめた。。
今日の18時の時点で、このブログのアクセス解析だと、今日の訪問者は33人、ページビューは100だけど、設置した他社のカウンターだと深夜から全くカウントされてないんだもの。。
カウンターは表示できないんだけどseesaa のアクセス解析を見るのでよしとしておきます。
ここ3日ほど、カウンターのこと考えたな〜。
ブログランキング*というのがあって、それって何の意味があるのかよくわからなかったので、それには参加しないとして、カウンター設置でもしてみようかと思ったけど、やめた。。
数字が増えていく楽しみというのがあるのだけど、残念。。
気が向いたら自分で集計するとしよう。。

最近はだいたい平均1日の訪問者数は30人以上。
ページビューはその2〜3倍。
記事を書くと70〜80〜90〜人の人が見てくれてます。
ありがとうございます!


ランキングや数字には魔力がある。
数値化すると人に分かりやすい。でも気をつけねばならないのは、そのランキングがどういうデータや情報から導きだされているのか、ということ。
どういう条件のもとで導きだされたランキングであり数値なのか、ということ。
その条件、によって導きだされる結果は異なるからです。
例えばロンドンのレコード店の売れてるレコードランキングと日本のレコード店のランキングは違う。
ドイツの雑誌のdjランキングとイギリスの雑誌のdjランキングは違う。
ランキングは常に条件付きでの数値なのです。
この条件、データをどの範囲で集めたかを正確に提示するのはなかなか難しいし、実際提示されない。でも、数字というのは非常に明確なもので、根拠は示されないまま、人に明らかな情報として提示され、強い印象を残す。
だからランキングが持つのはリアリティではなく、魔力なのだ。。


*ブログランキング:ブログをやってる人がそのランキングシステムにまず登録し、そのブログの読者がブログ内のアイコンをクリックして投票する。だから、そのブログランキングに登録していないとランキングには出てこないし、ランキング上位に上がるためには訪問者に毎回クリックしてもらわなければならない。
posted by DJ N.A.M.I. at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Thinking,etc.

カウンターは。。

カウンター設置するのに、最初は諸々計算して14500から始めようと思ったけど、やはり今日13日、0で始める事にした。そのほうが自然だ。
訪問者数で、ページ移動はカウントしない。
simple is beautiful.
posted by DJ N.A.M.I. at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Thinking,etc.

2008年04月03日

新年度だし、PHUNK!!!も新年度な気分で、かな。。(注:長文)

世の中新年度です。
季節も変わって新たな気分になるにはいい状況です。
まぁ過去は過去として、新しい年度を始めましょう〜てな感じで。

毎日の散歩コースの桜
sakura3.jpg
もうしばらく花見が楽しめる。
桜は自然から人間へのちょっとしたプレゼントって感じがする。
今週末もお花見や、花見レイブがありますね。
お花見のDJ誘われたけど断ってしまった。
遊ぶ感じや気軽にその場の雰囲気でDJをするやり方を自分はあまりやらないです。
パーティとフロアの雰囲気を考えて、準備して望む、というのでないとどうもやる気がでない。。お花見なんだから遊びに行ってついでに気軽に回せばいいんだけど、どうもそれができない。。。たぶん私はキャパが小さくて色んな事に対応できないのでしょう。。



昨日は一日中ぐたっりしていた。
二日酔いと、それが収まるとぼんやりしてしまう。
一昨日のパーティで普通に飲んでるつもりが飲み過ぎた。帰りの記憶が無いです。友人がタクシーに乗せてくれたらしい。
久々遊びモードでシャンパンやワインをすいすい飲んでしまった。きっとお気楽で楽しかったのね。
沢山の人が集まってのお誕生会。良いパーティでした。

お酒を分解する速さより飲むほうが早いから、脳にアルコールが行ってしまって、短期記憶を司る海馬が麻痺するのです。
それで、同じ事を何度も言ったり、記憶が飛んだりするのです。
私はこのアルコールが脳に回るのが早い、というか、単純にお酒に弱いのだともう認めた方がいい。。
いくらでも飲めるのだけれど、アルコールを分解できていない。
いくらでも飲めるので自分はお酒に強いと思っていたけど、本当は弱いんじゃないだろうか。これはもう認めざるを得ない。
記憶の飛ばない飲み方があればなぁ。


3杯目以降のお酒には気をつけよう。
これだ!

テキーラの時、3杯までしか覚えてないから、4杯目をすぐに飲まないようにすればいい。
名案だ。。

新年度の掟:4杯目のお酒に容易に手を出してはならない。

人は明文化する事により、思考を明確にしたり、様々な事に気付くというが、書いているうちにお酒をどう飲めばいいか気付いた。やっと今頃〜〜!。。。


それにしても、ここ3年ほどぶっ飛びな遊び方をして、話としては面白い出来事が沢山あって、それは後で人から聞く訳で、自分は全く覚えてない。聞いてておかしくて笑っちゃうんだけど、そして人はおもしろがってくれるけど、自分としてはやはりその時記憶が飛んでるってのはかなり問題だと思うんです。
なので、この習性はほんとに変えなければと思う。

ここ3〜4年、酔っぱらって記憶が飛んでいるときの私は、良く言えば自由闊達、超フレンドリー、でも、しだいにエスカレートしていって、人に飛びつく、肩車してもらう、人を噛む、叫ぶ、植え込みに飛び込む、フロアにぶっ倒れて友達に運ばれる、ブースに乱入、靴が片方脱げたまま踊っている、マーライオン、ソファー道路どこにでも転がる等々、ひどいです。体中痣だらけってのはしょっちゅうだった。
でも、六本木のクラバーの行かないラウンジで、高いところに上がって踊ったり、ポールダンスのポールをくるくる回ったり、タクシーの中で友達と大きな声で歌って運転手さんも一緒に歌ったり、踊りの巧い外人の男子とからんで踊ったり、楽しかった。。クラブで会って一緒に踊った子とはすぐ友達になってたし、かわいい外国人の友達とか、良く遊びました。

こうやって書きながらやはり思うのは、自分の中であの遊び倒しの日々は過去になっているということです。
毎週毎週、金、土、日曜日の夜まで遊ぶ。。時に月曜のお昼。時に木曜から。
体力の限界まで遊ばないと気が済まなかった。

いろいろ反省点ありますが、、あれはあれでまあいいとして。。まぁもうしょうがないので。。
今気付くのは、かつてずっと前に、私がクラブでテクノに出会い、爆音の中で強烈な体験をして、踊り続けた、あの、音による快楽の体験が、ここ3〜4年の遊びの中にはあまり無かったということです。
なので、ああいう遊び方はもう私はもうしないでしょう。
音の中で快楽が得られないのであれば自分にはクラブに行く必要もないのです。はぁ(ため息)

でもやっぱりフロアで思いっきり踊りたいし、きっとまた、そういう音楽やDJに出会う時もあるだろうから、その時を楽しみにしておこう。

なにはともあれ新年度がスタートしてます。

新年度の忘れてはならない掟:4杯目のお酒に容易に手を出してはならない。
ここに記すことにより、意志を強く持つのだ。せ成長するのだ。



さて、先週PHUNK!!!来てくれた人達ありがとうございました。

この前のPHUNK!!!は、内容がシンプルなんだけど、実は、それが自分がやりたい形だったりする。
色んな事を気にしたり考えたりせずにやりたいようにやったのが実はこの前のPHUNK!!!だったのです。
自分のDJは、ミスを何度かして良くなかったです。でも録音を家で聴いたら、内容は悪くなかった、というか、これでいいじゃん、と思った。自分が今気になる、いいと思う音源でこんな風にやりたい、ということをやっている内容だったので、今回はあれでいいのです。
BPMは150くらい。音的にはもう少し速くてもよかった。使った音源はほとんどシュランツです。が、その中にシュランツではないハードテクノをミックスするのが自分とシュランツDJの違うところかなと思います。
でも自分はあのざらざらした音が好きです。(そういう自分って変わってるなと思う)
そうだ、5月にシュランツオンリーのパーティに出ます!
アドレナリン@中野Heavy Sick ZERO
すんごい楽しみです!もちろんシュランツオンリー速めセットです。
。。。怖がらずに是非おいでくださいな。。

今の日本のクラブシーンの中で、シュランツのパーティをするのは、実験的でアグレッシブな行為だと言えます。
ドイツ国内の人気DJは、フェリックスクロヒャーが、スヴェンバース、ポールヴァンダイクを抜いて1位なんだけどね。


先週PHUNK!!!の写真を少々。


MONOBEさん
3phunkmonobe1.jpg
あのイヤホンは、耳の型を採って、試行錯誤と改良を繰り返して作ったオーダーメイドなのだそうです。
作るには高度な技術が必要で作れる人はそういないし、音楽に興味のある人でないとなかなか取り組めないという貴重なものなのだ!
DJ用イヤホンの先駆けじゃないですか?DJ用イヤホン誕生!イヤホンに今新しい歴史が刻まれようとしている。その名はMONOBEモデル!


ROK DA HOUSEさん
3phunkrok1.jpg
この人がDJをする事により、パーティの音的な流れが良くなると思う。
パーティを盛り上げてくれるDJだと思う。


N.A.M.I
3phunknami1.jpg
ROKさんで終わっても良かったんでないの〜〜〜
踊ってた子に聴いたら気にならなかったと言ってたが、ミスった。次は練習して行きます。。


さて、来月のPHUNK!!!は

なんと2周年アニバーサリーです〜。早いな。去年この時期Moduleの営業時間帯変更でできなく、夏に1stアニバーサリーをやったので、期間がちょっと短いですが、PHUNK!!!をアフターで始めたのは4月だったのです。
なので2nd アニバーサリー。
もう2年!早い!時のたつのが早い!
ゲストは先月10周年を迎えたリブートのQ'HEYさんです。
是非っ遊びに来てくださいな!!!


ではまた犬
posted by DJ N.A.M.I. at 23:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | PHUNK!!!, DJing, photo, music.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。