カテゴリ

2008年12月17日

PHUNK!!!2008年最後の〜〜!!!

すっかりご無沙汰してしまいました。
頭の中がすっかり別のところに行ってました。郊外に。
郊外ていうか田舎に引越す事にしました。
都内に住む必要ないし、今も環境は悪くないんだけど、もっと環境のいい自然の沢山ある所に住む事にした。
安くて、広くて、環境がいい。その方がいい。犬にもいい。
で諸々決まりました。

さて、これでイベントのこと考えられます。あぁもうあと10日ほどだ。。
今月のゲストは北海道から、DJ SUDOさんです!(といっても東京で知っている人は少ないかもです)
サージオンやこの前のレジスなんかを北海道のご自身のイベントに招聘している人で、 日本が世界に誇れる実力派クリエイターSHUFFLE MASTERなんかと一緒に活動している人です。
何か、刺激を得られそうな人だ、この人は他の人と違うだろうと勝手に思って声をかけました。
以前 CLUB MUSEUM のSaloon でdjでご一緒したとき、私bpmは遅めだったけどサルーンだし飛ばしすぎたな〜、と思いつつSUDO さんに交代したら、それがもう、なんの遠慮もない激ハードテクノで、その傍若無人な音をかける姿勢が強く印象に残ったのでした。フロアでもあんなものかけるdjはめったにいないわけで、いつかフロアでやってもらいたいかもと思っていたのでした。

SUDO さん、2時間DJするって言われるので、おおっと勢いづけられ、私も2時間することにしました。でも、今ちょっと後悔している。(DJを決める時にタイムテーブルもほとんど決めてしまうのです)。2時間やることにしたけど、長いな〜〜と思っている。でも音を聴けばきっとおもしろくなって2時間のセットは組めるだろうと安易に考えてもいる。そのくらいやんなきゃと思ってそうする事にしたのだから、まぁやっちまいます。
今年最後のPHUNK!!!だし、今年かけておもしろかったものもかけようと思ってます。
もちろんハードで突進だ。
爆音で疾走する感じ。混沌としたノイズのカオスの中に入る感じ。スリリングなビートにのる感じ。そういう感覚がおもしろいです。
もう随分行ってないけど、遊園地に行ったらジェットコースターに乗れれば満足で3回くらい乗ってた。遊園地での遊び方もそんな感じだった。。そういえばハードテクノでDJ やってる時ってジェットコースターに乗ってる時に少し似ている。
そういうテンションになるセットに敢えてする。緊張感がなきゃできない様な、つまり気の抜けない音の組み合わせやミックスにする。
で、SUDO さんが遠慮のない音をかける。
楽しみです。
PHUNK!!!はもっと尖っていけたらいいなと思います。今後の大きな難しい課題です。
来年は隔月にするかもしれないし。考え中です。
来年1月はやらないから、取り敢えず、今月遊びに来てくださいませ!
今月のはきっとPHUNK!!!って感じですよ。
ではよろしくです。
また書きます。


PHUNK!!!
2008.12.26.Fri
@ Module

open 22:00
door: 2500yen1d,2000yen1d(w/mobile flyer)
sound: Noise, Industrial Experimental Hard Techno,Techno, Electronica
 
B2
Guest: DJ SUDO (ELEKTRIGGER,HOUSEDUST)
Resident: N.A.M.I.
YU-S-KE(PHUNK!!!), TADY, ni-21(ECLIPS)
 
B1
YOSHMI(PHUNK!!!), Hoyakkys(LISAXXX&SA), JUN, HIROKAZU(KURAGE), Dammy

ぼんやりしてて、ペインティングの人ブッキングしてない。。描きたい人参加可です〜。
 


DJSUDO300.jpg
DJ SUDO (ELEKTRIGGER,HOUSEDUST)
NEW WAVE/NO WAVE、ノイズや現代音楽をバック・ボーンにしたバンド活動を経て1997年にDJ活動開始。 SURGEONやREGISのDOWNWARDS、DJ SHUFFLEMASTERのHOUSEDUSTに共感・共鳴し、1998年に自身の主宰パーティELEKTRIGGERを北海道で開始。BEN SIMS、OLIVER HO、BRITISH MURDER BOYS、SURGEON、REGIS等を招聘。2005年にDJ SHUFFLEMASTER主宰のHOUSEDUSTレーベルより2枚のMIX CDをリリース。REBOOT@MANIAC LOVE、国内各地のパーティー出演多数。粋と毒と不条理、反骨精神と イデオロギー闘争の核が融合、内包され音に昇華、放射しての音響武装闘争宣言、 DJプレイにより音楽を噺家の如く語り伝え、格闘家の如く鍛え上げ、 革命家の如く世界に対峙し切り開くこと=ただの日常、の音像編集者。
posted by DJ N.A.M.I. at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | PHUNK!!!, DJing, photo, music.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。